似合う服がわからないと悩む30代女性

「30代半ばくらいから、今まで着ていた服が似合わなくなってきた気がする」

「40代に入ってから、何を着ても似合わない気がして、ファッション迷子状態に陥っている」

「子育てが一段落したので仕事に復帰したけれど、職場に着ていく服を選ぶのが大変で毎朝憂鬱な気分」

年齢を重ねるにつれて、このようなファッションに関する悩みを持つようになる方はたくさんいらっしゃるようです。

今回は、30代から40代の女性が「服が似合わなくなってきた」「今まで似合っていた服が似合わない」などという悩みを持つようになる原因、タイプ別の解決策などをご紹介します。

服が似合わなくなってきたと悩む30代~40代の女性は多い

10代後半から20代前半の頃は自分が好きなファッションを自由に楽しめたという方でも、30歳前後のアラサー世代に入ると「年齢を重ねるごとに服が似合わなくなってきた」「今の自分に似合う服のテイストやブランドがわからなくなってしまった」「クローゼットにはたくさん服があるのに、何を着ていいかわからない」と悩むようになる方は多いようです。

20代の頃と30代以降はどのような違いがあるのでしょうか。

何を着ても似合うのは若い子の特権

10代後半から20代の若い頃は、ピチピチした肌、ツヤのある髪、引き締まった体型という武器があるので、多少似合わない服でも問題なく着こなせることが多いです。

雑誌やインスタでステキなコーデを見かけて、「これ、かわいい!」と思って衝動買いしたフリルやリボンが付いた可愛らしい服を着ても、周りから「それ、似合わないよ」などと言われることは少ないかもしれません。

また、ミニスカート、ショーパン、オフショルダーなどの露出度の高い服も、若さを武器に堂々と着こなせるでしょう。

30代以降に年齢に相応しくない服を着るリスク

しかし、20代後半のアラサー世代に突入しても、若い子向きの可愛らしい服や露出度の高い服を着ていると、周りから「若作りしていてイタイ」と思われるリスクがあります。

また、似合わない色やデザインの服を着ていると、野暮ったい印象を持たれたり、年齢よりも老けて見られたりすることもあります。

20代の頃は若さでカバーできていた分が、加齢とともにカバーできなくなるのです。

 

30代を過ぎると服が似合わなくなる原因は?

なぜ、30代を過ぎると今まで似合っていた服が似合わなくなってしまうのでしょうか。主な原因について説明します。

体型の崩れ

30代を過ぎて服が似合わなくなる大きな要因として、体型の崩れが挙げられます。

特に顕著なのは、以下の部位です。

  • お尻:若い頃はプリッと引き締まっていたお尻が垂れて四角くなる
  • 脇腹:浮き輪のような肉がついて、ウエストのクビレがなくなる
  • 二の腕:タプタプした脂肪がついて振り袖のようになる

ウエストやヒップのラインが崩れると、体のラインが出る服を着こなすのが難しくなります。

特に、スキニーやタイトスカートなどを美しく着こなすのは難しくなるでしょう。

また、二の腕が振り袖状態になると、ノースリーブや半袖のトップスも似合わなくなります。

出産を経験した女性の中には、出産により骨盤が歪んだために、下半身太りに悩まされる方も多くいらっしゃいます。

加齢による外見の変化

30代は、前半(31~34歳のアラサー世代)と後半(35~39歳のアラフォー世代)で、外見が大きく変化する年代です。

20代の頃にはピチピチとハリがあった肌も、徐々に緩みだし、肌質も変化してきます。

また、老化のサインといわれるほうれい線や目尻のシワも目立つようになってきます。

30代の序盤では、まだ20代に着ていた若い子向けのブランドの服を着ても似合うかもしれませんが、35歳を過ぎると、なんとなく違和感を感じるようになり、38歳くらいになると全く似合わなくなるということも少なくありません。

また、40代を過ぎると、外見が劣化する速度がさらに加速して、「2年前にお気に入りだった服がしっくりこなくなってしまった」「お気に入りの服と顔の雰囲気がアンバランスな感じになってきた」ということもあるかもしれません。

社会的な立場やライフスタイルの変化

30代を過ぎて、周りから「その服はちょっと・・・」などと思われるのは、社会的な立場に相応しくない、TPOをわきまえていないなどという理由による場合もあります。

同じ社会人でも、20代の頃は初々しさが感じられればどのようなファッションでも許されそうですが、30代になり、キャリアを積むにつれて、社会的な立場や場の雰囲気をわきまえた信頼感のある服装が求められるのです。

特に、日常的に顧客と接する営業職、年配の方が多い職場などでは、大人の女性に相応しい上品なコンサバ系の服装が好まれるでしょう。

職場だけではなく、結婚や出産などのライフイベントを経ると、ママ友との付き合いや学校行事などで、子供の母親として相応しい服装をすることを求められるようになります。

 

「服が似合わなくなってきた」という悩みの解決策

女性は何歳になっても、自分が好きな服を着ると幸せな気分になるのではないでしょうか。それなのに、気に入りの服が似合わなくなるというのは悲しいことですよね。

「服が似合わなくなってきた」という悩みはどのように解決すればよいのでしょうか。

20代のような洋服が似合う体型になる

洋服が似合わなくなってきた主な原因が体型の崩れにある場合、20代の頃のような洋服が似合う体型を取り戻すことで、似合うようになる場合も多いです。

ウエストがクビれて、スラリと細い脚になれば、若い子向けのブランドの服や露出度高めの服も堂々と着こなせるのではないでしょうか。

30代以降は筋肉量の減少とともに基礎代謝が落ちて太りやすくなるため、筋トレで基礎代謝を高めながら、痩せることをおすすめします。

最近はパーソナルジムブームで、パーソナルトレーナーの元、効率的に筋トレをする方も増えています。

どこにするか迷ってしまうくらい次々とパーソナルジムがオープンしていますが、やはり確実な結果を求めるなら、パーソナルジムブームの火付け役として知られるRIZAP(ライザップ)ではないでしょうか。

典型的な中年太り体型だった女優のしゅはまはるみさんが14.7キロのダイエットに成功してCMに登場した時は、ビフォーアフターが別人のようだと話題になりました。

体重は64キロから49.3キロ、体脂肪率は31.8%から18.8%まで落とし、45歳でグラビアデビューを果たしたそうです。

これだけメリハリのあるキレイな体型になれば、どんな服もステキに着こなせそうですよね。

自分に自信が持てるようになったせいか、顔立ちや表情まで別人のように若々しくなったなという印象を受けました。

見た目年齢が若くなれば、若者向けのブランドの服を着ていても違和感がなくなります。

また、理想の体型を手に入れることで、

鏡を見るのが楽しくなる⇒積極的にオシャレを楽しめるようになる⇒周りからの評価が良くなる⇒恋愛も仕事もうまくいく

という好循環が生まれます。

パーソナルジムはこんな方におすすめです。

パーソナルジムがおすすめな方
  • 体型が気になるせいで、自分が好きな服が着れない方
  • 自己流ダイエットで挫折した経験をお持ちの方
  • 理想の体型になるために5キロ以上体重を落とす必要がある方

 

数あるパーソナルジムの中でもライザップがすごいのは、普通体型を目指すのも大変そうな方が短期間でモデルのような理想的な体型になれる点だと思います。

しかも、ライザップには、30日間の無条件の返金保証があります。

無条件での返金保証は、結果を出すことに自信があるからこそできることなのではないでしょうか。

ライザップの公式サイトには、実際に通われた方のビフォー・アフターや感想が掲載されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

チェック⇒ライザップ体験者のビフォー・アフターはこちら

客観的なプロの目線で自分の魅力を再発掘

「体型は20代の頃とあまり変わらないけど、なんだか垢抜けない印象になってしまった」「おばさんぽい感じになってきた気がする」という方は、メイクやヘアスタイルなども見直してみるとよいでしょう。

人の外見の印象を決めるのは服装だけではなく、メイク、ヘアスタイル、姿勢やしぐさなども重要な要素を占めています。

「今の自分の魅力を引き立たてるメイク、髪型、服装を知りたい」という方には、オンライントータル美容スクール・SHEbeautyがおすすめです。

SHEbeautyは、自分らしい美しさを叶える日本初のフルオンライントータル美容プロデュースサービスです。

自分らしい美しさを様々な方面から追求するための以下の7種のオンラインレッスンを受けることができます。

  • ファッションマネジメント:パーソナルカラーや骨格診断の考え方やセルフ診断方法を学び、なりたい印象に合わせたファッションや自分の魅力を引き出すアイテムを探求
  • メイクマネジメント:自分の顔型やパーツの捉え方、肌に合うアイテムや色選び、実践的なメイク方法を習得
  • ボディマネジメント:自分の身体を知り、なりたいボディラインを手に入れるためのアプローチ方法を習得
  • 食生活マネジメント:理想のボディメイクに必要な食事法を習得
  • マインドマネジメント:コンプレックスや固定概念から解放され、自分らしい美しさに前向きに向かうマインドを育成
  • 印象マネジメント:客観的な自分の印象と向き合い、コンプレックスや悩みに合わせて印象をコントロールする方法を習得

プロの客観的な視点から今の自分に似合う程よくトレンドを取り入れたヘア・メイクを提案してもらうことにより、自分が本来持つ魅力が引き立つようになります。

SHEbeautyでは、外見だけではなく、内面にもアプローチすることにより、「自分に自信がない」「今の自分を好きになれない」という方が、自分だけの美しさを発見し、内面と外面のバランスのとれた美意識を育てることを目指しているそうです。

SHEbeautyはこんな方におすすめです。

SHEbeautyがおすすめな方
  • 自分自身が本来持つ魅力を見直して最大限に引き出したい方
  • 今の自分に似合うヘアメイクや服装がわからなくなってしまった方
  • 自分が周りに与える印象を自在にコントロールしたい方

 

SHEbeautyの詳しい内容について知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒オンライントータル美容スクール SHEbeauty

ファッションセンスをアップデートする

お気に入りだった服が似合わなくなってきたと感じたら、その服への執着心を捨てて、今の自分に似合う服を探すことをおすすめします。

過去に気に入っていた服は、現在のトレンドではなくなっていることも多いため、時代遅れで垢抜けない印象を与えてしまう場合もあります。

また、生地、縫製、デザインが安っぽい服は、30代を過ぎたら、できる限り早めに卒業することをおすすめします。

年齢相応のクオリティの高いデザインや生地を自分の目でしっかり見極めるようにしましょう。

また、配色やアクセサリーなどの小物使いなどを含めたファッションセンスを磨くことも大切です。

ファッションセンスを磨く具体的な方法の一つとして、30代から40代の女性向けのファッション誌を読むことが挙げられます。

おすすめのファッション誌はこちらの記事で紹介しているので、参考にしてみて下さい。

参考記事:アラフォー女性向けファッション雑誌3選・40代女性に似合う洗練されたコーデの参考になるのは?

ファッション誌を買って読むのは面倒だという方は、MAGASEEK(マガシーク)をチェックするのもおすすめです。

MAGASEEKは、雑誌に掲載された人気ブランドのアイテムを数多く取扱う国内最大級のファッション通販サイトです。

「この季節に何を着る?気温別しっくりコーデ特集」など、ファッション誌のような特集も多いので、雑誌を読む感覚でファッションセンスを磨くことができます。

チェック⇒ファッション通販サイト MAGASEEK公式サイトはこちら

30代~40代に相応しいブランドの服を着る

20代の頃に大好きだったブランドの服が似合わなくなってきたと感じた時、「これからはどこで服を買えばよいのだろう?」「今の自分に似合う服があるブランドが全く思い浮かばない」などと途方に暮れてしまう方もいらっしゃるかと思います。

30代に相応しいオフィスコーデやプライベートで過ごす時の服装は、ドラマ『わたし定時で帰ります』の吉高由里子さんのファッションが参考になります。

こちらの記事には、ドラマで吉高由里子さんが着用していた30代の女性に相応しい好感度高めの上品でフェミニンな雰囲気の服のブランドをまとめて紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

参考記事:30代のオフィスファッションにおすすめ!吉高由里子『わたし定時で帰ります』衣装のブランドまとめ

スタイリストがコーディネートした服を着る



「何を着ても似合わない気がして、いつも同じような服ばかり着てしまう」という方には、プロのスタイリストがTPOに合わせて似合う服をコーディネートしてくれるファッションレンタルサービスがおすすめです。

”エアクロ”の愛称でも親しまれているairCloset(エアークローゼット)は、数あるファッションレンタルサービスの中でも人気・知名度ともに高く、20代~60代という幅広い年齢層の女性が利用しているそうです。

airClosetの最大の特徴は、プロのスタイリストが一人ひとりの好みやTPOにあう洋服を選んでくれること。

「会社帰りにデートの予定があるので、オフィスで浮かず、かつ華やかさのある服を選んで欲しい」

「週末にママ友のホームパーティーに呼ばれているのでリラックス感があってオシャレな服を選んで欲しい」

など具体的な予定に合わせてリクエストすると、プロのスタイリストがTPOにぴったり合うセンスの良い服を選んでくれます。

プロのスタイリストがコーディネートしたトップスとボトムスが届くので、自分でコーデを考える手間も省けます。

また、自分では選ばないような、いろいろなテイストの服を気軽に試せるのもファッションレンタルサービスの魅力です。

airClosetはこんな方におすすめです。

airClosetがおすすめな方
  • 自分に似合う服がよくわからなくて、いつも同じような服ばかり買ってしまう
  • 毎朝、服を選ぶのに時間がかかって憂鬱になる
  • 今の自分が魅力的に見える服を見つけたい

 

airClosetの料金やシステムなどについて詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒月額制ファッションレンタルairCloset公式サイトはこちら

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、30代から40代の女性が「服が似合わなくなってきた」「似合う服がわからなくなってしまった」などという悩みを持つようになる原因、タイプ別の解決策などをご紹介しました。

女性は年齢を重ねると、外見だけではなく、ライフスタイルも大きく変化するため、「今まで着ていた服が似合わなくなった」「似合う服がわからなくなった」と思うのは自然なことだと思います。

だからといって、オシャレを楽しむのを諦めてしまうのは、もったいないです。

ファッションセンスを磨いたり、体型を維持したりなど、楽しみながら前向きに取り組むことで、いくつになってもファッションを楽しむことは可能です。

また、職場やママ友との付き合いなどでは、社会的な立場に相応しい服装が求められますが、プライベートでは、周りの目を気にしすぎずに、自分が本当に好きだと思う服を着ることも大切なことではないでしょうか。